大島産業

株式会社大島産業

 EFFORTS OF REPRODUCTION再生へのとりくみ

大島産業では、廃棄物を新しい何かに活用する視点を大切にしています。
その代表が飼料リサイクル(エコフィード)のとりくみです。

これは平成12年の食品リサイクル法施行後、他社に先駆けて開始したもので、
焼却施設に併設する『九州食品工場リサイクル事業協同組合』と連携し、収集した食品残さを廃熱利用し、
熱乾燥させて、家畜の飼料として使う、食品循環のシステム化を実現させました。

その他、焼却施設の廃熱を無駄にしないサーマルリサイクルをはじめ、
プロダクトリサイクル、マテリアルリサイクル、そしてレアメタルまで…
大島産業は九州トップクラスの処理企業として、あらゆるリサイクルの開拓にとりくんでいます。

九州食品工場リサイクル事業協同組合とともに

食品残さ飼料(エコフィード)生産のシステム化は、大島産業の焼却施設に隣接する『九州食品工場リサイクル事業協同組合』と協同でとりくんでいます。

-九州食品工場リサイクル事業協同組合

■創立:平成14年4月(環境省・農林水産省の認可により設立)
■処理量:20t/日  ■製品量:7t  ■設備:真空乾燥機プラント/気流乾燥機プラント

食品残さ飼料化システム

廃棄物処理エネルギーを乾燥エネルギーに置き換えることで低コストの飼料生産を実現しています。
収集時から食品残さの温度管理を徹底し、原料の栄養価を配慮した2種の乾燥工程によって、安全で質のある飼料づくりをサポートします。

大島産業の廃熱利用

九州食品工場リサイクル事業協同組合では、飼料製造の要となる「乾燥工程」に必要なエネルギーとして、隣接する廃棄物焼却炉の廃熱を利用し、燃料費を大幅に削減。これにより飼料化コストの低減が実現可能となりました。

また大島産業では、廃棄物焼却炉からの焼却ガスを入れ、そこから125〜145度の蒸気に変換。この廃熱で工場内の電力の一部を賄い、有機廃棄物の乾燥工程にも利用しています。

大島産業の廃熱利用