大島産業

株式会社大島産業

 WITH THE FOREST脊振の森と人とともに

大島産業では、脊振の森に産業廃棄物処理プラントを開設させていただいた
1973年(昭和48年)以降、つねに周辺住民との親和を大切にし続けています。
森の恵みへの感謝と還元も忘れることなく広葉樹や常緑樹の植林など、
さまざまなとりくみを地道に行っています。

- CASE -とりくみ事例

外溝の石垣

 自然に調和する施設として外溝の石垣

産業廃棄物処理場の開設にあたっては、周辺住民の方々のお話を聞きながら進めました。その象徴が工場の外溝にある石垣です。自然に配慮し、調和するプラントを目指し、石垣を使って外溝を築く計画を立てました。脊振山には石垣となる大きな石がないため、遠方から少しずつ集め、40数年経った現在、石垣は施設一帯を囲うまで積み上がりました。

養蜂の挑戦

 実り多き森を目指して養蜂の挑戦

自然保全につながるとりくみとして、日本ミツバチの養蜂にも挑戦しています。蜂蜜の採取が目的ではなく蜜蜂を飼育することによって、森の花や果実の受粉を助け、脊振をより実り豊かな魅力ある森にしていきたいというのが一番の目標です。まだまだ試行錯誤中ですが、養蜂を手がける敷地にブルーベリーやももなどの果実樹も植樹することで、時間をかけて恵み多き森づくりを行っていきます。

 生態系を広げ、四季を感じる森へ植林活動

針葉樹が多い脊振の山に、もっと深く根を張り、四季の変化を楽しめる豊かな樹々をーーという思いから、工場周辺のエリアを少しずつ開拓し、広葉樹や落葉樹、果実樹などの植林活動を行っています。50年、100年後の脊振の美しい景色を想像しながら、小さな苗木一本一本を大事に育てています。

地域雇用

 地域に支えられる工場として地域雇用

「工場が安定して稼働できる」この感謝は、脊振の自然だけではなく、近隣エリアに暮らす人、つまり地域の皆様へも同じです。その気持ちを表し ているのが、地域の方々の雇用です。希望される方々に、リサイクル工程で必要となる作業の一端をお手伝いしていただいています。今日も、工場 はわきあいあい地域の皆様のパワーによって稼働しています。

 脊振に感動あるスポットを夢、笑顔の構想

まだまだ想像の段階ですが、リサイクル工場としてできる新しい何かを画策しています。例えば、脊振の森の奥に、自然と人が調和する新しい建築物を創る。または、埋め立て地とは思えないような、緑豊かな公園を創るなど…。大島産業は今に止まらない。つねに夢を描き、より多くの人の笑顔や幸せにつながる想いを大切にしています。

- SEFURI FOREST ALBUM -親愛なる脊振の森

- RESEARCH OF SOIL DEVELOPMENT -大分工場の肥料づくり

自然へ還元する「土づくり」は奥深い。

難しく奥が深い土づくり。
大分工場では有効な資源を肥料としてリサイクルする活動に取り組んでいます。25年以上肥料づくりを専業とした職人が、より良い品質を求め、研究を続けています。

お客様一人ひとりの土壌診断を行い、最適な肥料をアテンドできるよう努めています。

大分工場の肥料づくり