大島産業

株式会社大島産業

 OUR POTENTIAL私達にできること

大島産業は、末利用資源に新たな可能性を見い出し、常に新しいリサイクルにチャレンジする企業です。2基の焼却炉を配備し、1年中コストと効率を追究した処理施設を稼働させています。地域、周辺環境への配慮を第一に、ダイオキシン対策を万全にし、焼却炉の廃熱は有効利用、また処理に使用した水は飲めるレベルまで浄化し、川に戻しています。

平成27年度には優良産廃処理業者としての認定を取得しています。

エコアクション

詳細CLICK!2 詳細CLICK!3 詳細CLICK!1
 
ワンストップ廃棄物処理

廃棄物と名のつく20項目について自社内で処理が可能です。収集運搬から最終処分まで同施設内で処理が完結できるため、不法投棄のリスクがなく、閉鎖的に処理が可能です。

 
 
食品リサイクルの実現

焼却する際のその廃熱を利用し、食品工場などから出る廃棄物(パン・麺類・野菜くずなど)は乾燥させ、リサイクル飼料を製造しています。サーマルリサイクルやカスケードリサイクルなどにも積極的に取り組んでいます。

 
 
ゼロ・エミッションのご提案

ゼロ・エミッションを積極的に採用される企業様へ、弊社ではセメント会社との提携を強化。焼却物は熱回収された後、焼却灰を含む一部の廃棄物はセメントの原料・燃料としてリサイクルされています。廃棄物の品目に応じて、最適なリサイクル方法のご提案が可能です。

■ 事業提携先
  • 三菱マテリアル 九州工場
  • 太平洋セメント
  • 宇部興産
より詳しくはお問い合わせ
 
 
レアメタル対応

希少金属を含む活性炭の焼成による濃縮事業を行っています。九州で唯一のレアメタル対応工場です。濃縮加工により、輸送コストの低減が可能となります。

■ 1日約40トンの
 焼成可能
  • シャトル炉×2
  • ストーカ炉×1
より詳しくはお問い合わせ
 
 
低濃度PCB廃棄物対応

処理が難しい低濃度PCBも自主運搬でコスト削減を実現します。提携処分場にて確実に処理します。「長期間の保管時に漏出の問題があった」「処分待ちで保管が長引いている」といった声にお応えします。

■ ATTENTION / 事業者の義務
  • 毎年保管や処分の状況について届出をすること
  • 平成39年3月末日までの処理
より詳しくはお問い合わせ
 
 
感染性廃棄物対応

医療機関等から排出される、紙オムツや注射針といった感染性の特別管理廃棄物の処分についても対応可能です。

 

- INTRODUCTION OF THE VEHICLE -主な車両紹介

  • 3tパッカー車

  • 3tアームロール車

  • 4tパッカー車

  • 4tアームロール車

  • 4tバキューム車

  • 4t平ボディ車

  • 8tクラムシェル車

  • 10tパッカー車

  • 10tアームロール車

  • 10tダンパー車

  • 13tウィング車

  • 13tローリー車

- GUIDANCE OF THE FACILITY -施設案内

-中間処理施設
施設種類 廃棄物の種類 処理能力 (t/日当り) 設置場所





圧縮 廃プラスチック類 及び 金属くず 16t /日 吉野ケ里事業所
圧縮 廃プラスチック類、紙くず、木くず 及び 繊維くず 1.12t /日 吉野ケ里事業所
圧縮 廃プラスチック類、紙くず、木くず 及び 繊維くず 73.6t /日 脊振工場
破砕 ガラスくず、コンクリートくず、陶磁器くず、がれき類、廃プラスチック類、紙くず、繊維くず、木くず、動植物性残渣、ゴムくず(石綿含有産業廃棄物を除く) 8t 吉野ケ里事業所
乾燥 汚泥類、動植物性残渣、動物のふん尿 30m³ 脊振工場
乾燥 汚泥類、動植物性残渣、動物のふん尿 9.2m³ 脊振工場
焼却 燃殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、紙くず、繊維くず、木くず、動植物性残渣、動物系固形不溶物、ゴムくず、金属くず、動物のふん尿、死体、廃プラスチック類、ガラスくず、陶磁器くず、コンクリートくず
【特別管理産業廃棄物】感染性廃棄物、廃油、廃酸、廃アルカリ
39.84t 脊振工場
選別 燃殻、廃プラスチック、金属くず 96m³ 脊振工場
固化 燃殻、ばいじん 0.88t 脊振工場
破袋分別 廃プラスチック類(食品容器に限る)及び金属くず(食品容器に限る)、廃油(食品廃棄物に限る)、廃酸(食品廃棄物に限る)、廃アルカリ(食品廃棄物に限る)及び動植物性残さ(食品廃棄物に限る) 44.8t 脊振工場





管理型最終処理場 燃え殻、汚泥、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、鉱さい、がれき類、ばいじん及び13号廃棄物並びに廃プラスチック類、金属くず及びガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず(自動車等破砕物を含む。)
【特別管理産業廃棄物】廃石綿
容量 119,226m³ 脊振工場
-積替え保管施設
廃棄物の種類 面積 保管上限 高さ 設置場所






廃油 50m² 40m³ 2.0m 吉野ヶ里事業所
紙くず 50m² 8.4m³ 2.0m
木くず 120m³ 2.0m
繊維くず 14m³ 2.0m
廃プラスチック類 100m² 280m³ 3.0m
ゴムくず 0.017m³ 3.0m
金属くず 28m³ 3.0m
ガラスくず・コンクリートくず 280m³ 3.0m
がれき類 1.8m³ 3.0m